事務部

~事務長あいさつ~

私共、事務部は上記の病院全体目標に向かって、忠実且つ確実な達成を目指し、事務部としての年度目標を置き、各担当部署は共通認識のもと業務に就いています。
当院も庄原市東城町を代表する施設として医師部門を中心として、看護部門、コメディカル部門、事務部門等は、その責務を感じながら部門間連携を図り、様々なことに努力を続けているところです。
事務部門は総務、施設管理、医事、電気等の裏方部門から組織化されていますが、事務部門の中の各人がどのような動きをしているか、また、今何をやらなければならないか等について、自由に発言し合う雰囲気を作っています。問題点の共有化を図るというのが目的ですが、非常に各人の「やる気」を引き出しているのではないかと感じています。
職員のモチベーションの維持と孤立化防止策として、また、病院目標にも掲げてある地域に密着し頼れる病院として、経営管理から患者環境整備等までを重点項目として取り組んでいます。


~事務部の紹介~

 私たちは患者さんの立場で考えることに基づき、患者の視点を重視したより質の高い医療サービスの提供を目指して病院運営に取り組んでいます。
病院で働く事務職員は患者サービスから病院経営の実行まで幅広いステージで活躍しています。今日の医療情勢は日々変化し、病院に対する患者さんのニーズも多様化しています。その中で病院経営における事務職員の役割の重要性は益々大きくなっています。私たちは医師、看護師、医療技術員とともにチーム医療の一員として病院の活性化と地域に求められる病院づくりに貢献しています。

病院に来られた時からお帰りになる時まで、外来・入院診療に関する事務的業務の玄関口の役割を担っているのが、『医事課』です。 医事課職員は、医療事務のゼネラリストとして、そしてフロントサービスマンとして広範囲な業務を担当しています。        医師・看護師などと連携・協働しながら、チーム医療の一員として医療・患者サービスに関わっています。「東城病院に来てよかった。安心できた。」と言っていただけるよう、笑顔で皆様をお迎えします。業務は、予防医療として人間ドックや健康診断を行うこともあります。たとえば予約~受付~会計の様々な所で受診者と対応する現場の最前線では、個々のスキルある接遇が重要です。更に外部面においては、企業や自治体等と契約交渉を行い、統計や分析をしながら病院経営に貢献できる能力を発揮していきます

『総務課』は、病院行事や各種届出など、官公庁との折衝や重要文書管理、さらには一般の庶務業務など、幅広い業務を担当しており、病院運営を円滑に進める役割を担っています。また、職員の採用などの人事管理や労務管理、福利厚生なども担当し、職員一人一人が高いモチベーションで仕事に取り組み活躍できるよう、安心かつ働きがいのある職場環境の実現に取り組んでいます。

 

 

 

 

Copyright © 2015 MASUHARAKAI TOJO HOSPITAL. All Rights Reserved.